派遣が失業保険を受給:自己都合退職か会社都合退職か

派遣が失業保険を受給:自己都合退職か会社都合退職か

(※) 失業保険=雇用保険です。

 

「派遣 失業保険 自己都合」について

 

◆ 派遣労働者が失業保険の給付を受けようとする場合、自己都合による退職か会社都合による退職か、判断が難しいケースが多々あるようです。

 

◆ 実務上の話として、派遣労働者が契約期間満了をもって退職した場合で、退職してすぐに会社に「離職票」を請求すると、結果として、「自己都合」の退職となってしまい、こうなると、待機期間7日間だけでなく、3ヶ月の給付制限期間を経なければ、失業保険を受け取れなくなってしまいます。

 

◆ しかし、上記のケースで、もしも派遣労働者が、期間満了で退職してから、離職票を請求せず、会社から郵送されてくるのをじっと待っていた場合(およそ1ヶ月ほどで郵送されてきます)、この場合は、3ヶ月の給付制限期間なしに、失業保険の給付を受けられます。

 

◆ いずれにしても、原則論をここで。失業保険の支給は、会社都合による退職の場合、申請を行なってから7日間の待機期間を過ぎれば、すぐに開始されます。自己都合による退職の場合は、待機期間+3ヶ月の給付制限期間を経た翌日から、支給開始です。

 

 

(「 派遣 失業保険 自己都合 」の記事 終わり )