確定申告で失業保険を申告しないと不正受給になりますか?

確定申告で失業保険を申告しないと不正受給になりますか?

(※) 失業保険=雇用保険です。

 

「確定申告 失業保険 不正受給」について

 

◆ たとえば、失業保険を受給している人が、受給中にアルバイトなどの収入があった場合、それは失業保険の不正受給にあたるのか、という不安を抱えている人は大勢いると思います。とりわけ、確定申告の際に、そうした収入を申告しなかった場合、後日、その事実がばれることになって、「不正受給」をしていたと認定されてしまったら、様々な罰則が適用されるのでは・・・という具体的な不安を抱えている人もいるでしょう。

 

◆ 一番確実な方法は、失業保険の受給中に「収入」らしきものが発生している場合は、ハローワークの担当者にありのままに相談することです。これがベストでしょう。管理人であるわたくしは、この件について、いくつかのサイトを覗いてみましたが、Q&A形式のサイトのなかには、正確な情報が得られないことにいらだっている質問者なども見受けられます。わたくしも、その方の気持ちは分かるのですが、しかし、失業保険関連の行政に関しては、実際のところ、対応がまちまちになっている事実がまずあるのです。ですから、回答者がややあいまいな答え方をするのも、決して責任逃れなどではなく、実情に即した誠実な回答である場合もあるのです。

 

◆ 失業保険とアルバイトの関係については、原則として、以下のようになっています。

 

○ハローワークの基準では、「月に14日未満」で、なおかつ、「週に20時間未満」であれば、アルバイトはOKです。つまり、「内職」と見なされるわけです。

 

○失業保険の受給期間中にアルバイトすることは、特に禁止されているわけではありませんが、上記のように、一定の制限があります。つまり、失業中には、ハローワークで定期的に失業認定を受けることになりますが、この際、アルバイトをした日数を申告すれば、日数分の失業保険が差し引かれた金額が支給されることになります。これでは、アルバイトをした分だけソンをしたような気持ちになるかもしれません。しかし、そうではありません。いったんアルバイトの日数分が差し引かれますが、差し引かれた分の支給金額は、後でもらえます。失業保険の給付期間が終わった後に、ちゃんともらえます。

 

○いずれにしても、ハローワークによって対応が違う現実があるようです。あらかじめハローワークの担当者に相談する方が賢明でしょう。

 

 

(「 確定申告 失業保険 不正受給 」の記事 終わり )