健康保険法:「改正」のポイント

健康保険法:「改正」のポイント

「健康保険法 改正 ポイント」について

 

◆ 少子高齢化の進行にともない、平成18年に健康保険法が改正されました。改正の内容は、高齢者に厳しいものとなっています。なお、適用の時期は、平成18年中のものと平成19年以降のものとがあります。今回の健康保険法の改正ポイントは、以下の通りです。

 

(平成18年10月から適用のポイント)
・70歳以上の入院者の食事や居住費用の負担が増えます。
・70歳以上の患者負担が見直しされます。
・埋葬料が見直しされます。
・出産育児一時金が35万円に。
・高額療養費の自己負担減度額が引き上げへ。

 

(平成19年4月から適用のポイント)
・標準報酬月額の範囲が広くなり、標準賞与額も見直しに。
・傷病手当金・出産手当金が見直し。

 

(平成20年4月から適用のポイント)
・健診・保健指導の義務づけ。
・新しい高齢者医療制度の創設。
・小学校入学前の児童が2割負担へ。

 

 

(「 健康保険法 改正 ポイント 」の記事 終わり )