失業保険:「アルバイト」は不正受給になるのですか?

失業保険:「アルバイト」は不正受給になるのですか?

(※) 失業保険=雇用保険です。

 

「失業保険 アルバイト 不正受給」について

 

◆ このページでは、失業保険の受給中などにアルバイトをすることが、不正受給につながるのか、という点について見ていきます。

 

 

◆ まず、失業保険の給付制限期間内であっても、給付中であっても、アルバイトそのものが禁止されているわけではありません(7日間の待機期間中は、禁止です)。

 

一定の範囲内であれば、許されることであり、したがって、許される範囲のアルバイトをしつつ、失業保険の給付を受けている場合、これは「不正受給」にはなりません。

 

「不正受給」とは、たとえば、禁止されている待機期間中に隠れてアルバイトをするとか、受給期間中に、制限より多い日数(あるいは時間)のアルバイトをしつつ、それを隠して失業保険を受給する、こうしたことを言うのです。

 

 

◆ 失業保険の給付制限期間内、給付中でも許される、一定の範囲内のアルバイトとは、「月に14日未満で、なおかつ、週に20時間未満」のアルバイトのことです。

 

 

◆ また、たとえば、自己都合で退職した人の場合、3ヶ月間の給付制限期間がありますが、この期間に関しては、「期間内に始まり期間内に終了する」アルバイトであれば、仮に3ヶ月ずっとアルバイトをし続けても、「不正受給」と見なさないハローワークもあるようです。

 

しかし、こうしたアルバイトには厳しい対応をするハローワークもあるようです。

 

このへんが、よくわからないところですが、実際のところ、確かに、地域によって違いがあるようなのです。

 

したがって、とにかく、後で「不正受給」のレッテルを貼られることを恐れて不安になるよりも、あらかじめ、ハローワークの担当者に、やろうと考えているアルバイトについて、具体的な相談をすることが賢明だと思います。

 

 

(「 失業保険 アルバイト 不正受給 」の記事 終わり )