失業保険の受給資格:「会社都合」で退職した場合は?

失業保険の受給資格:「会社都合」で退職した場合は?

(※) 失業保険=雇用保険です。

 

「失業保険 受給資格 会社都合」について

 

◆ 会社を辞めて失業保険をもらう際、退職の理由が「自己都合」か「会社都合」かによって、失業保険の受給開始時期に差が出ます。

 

「自己都合」の場合は、失業保険を受給するまで3ヶ月の給付制限期間があります。

 

しかし、「会社都合」の場合は、給付制限期間はなく、7日間の待機期間が過ぎれば、すぐに受給できます。

 

 

◆ 「会社都合」で退職した場合の失業保険の受給資格ですが、「会社都合」であると認定されれば、特定受給資格者と見なされ、上記のように、「自己都合」の場合よりも優遇されます。

 

◆ そこで、どんなケースが「会社都合」の退職になるのか、下記に整理してみました。

 

1)解雇により離職
2)継続して2カ月以上賃金月額の一定割合以上が支払われなかったため離職
3)事業主から直接もしくは間接に退職することを勧奨されたことにより離職
4)事業主の事業内容が法令に違反したため離職
5)上司・同僚などから故意の排斥、または著しい冷遇もしくは嫌がらせを受けたことによって離職

 

などなど。

 

 

(「 失業保険 受給資格 会社都合 」の記事 終わり )