失業保険の給付:「不正受給」の具体例

失業保険の給付:「不正受給」の具体例

(※) 失業保険=雇用保険です。

 

「失業保険 給付 不正受給」について

 

◆ 失業して失業保険から給付を受ける場合、正当な給付なら問題ありませんが、なかには、「不正受給」といわれる手口を使って、文字通り、不正な受給をする人が後を絶たないようです。しかし、不正受給をしても、発覚する確率はかなり高く、また、発覚のきっかけとしては、いわゆる「チクリ」あるいは「告発」、「内部告発」といったものがいちばん多いそうです。失業保険の不正受給が発覚すると、最悪の場合、不正受給した額の3倍の返還命令を受け、この命令に従わなかった場合は、財産の差し押さえ、詐欺罪による告訴、という事態にまで発展します。甘い考えで不正受給を行うことは、厳に慎むべきです。
※※※ 発覚のきっかけとしては、チクリの他に、ハローワーク職員によるコンピューターシステムからの発見、事業所調査や家庭訪問などによる発見があります。

 

◆ 不正受給の具体例
1)離職理由を偽る
本当は自己都合の退職だったのに、会社都合で退職したと、失業認定報告書にウソの申告をする。

 

2)失業保険の給付を受けている最中、パートやアルバイトなどで収入を得ながら、そのことをハローワークに隠している(アルバイトなどで収入があっても、一定の範囲内であれば、何ら問題ないことなので、堂々とハローワークの人に相談すべきです。つまり、「いまアルバイトしているんですけど、これって、大丈夫ですか?」・・・などと質問してください)。

 

3)ハローワークの指示の元、求職活動をすべきところを、やりもしないでやったかのように虚偽の申告をすること。

 

4)受給資格者証を友人に貸したり譲ったりして、友人に失業の認定を受けさせること。これは、トンデモナイ行為です。

 

などなど。

 

 

(「 失業保険 給付 不正受給 」の記事 終わり )