失業保険:「給付」の「金額」はいくら?

失業保険:「給付」の「金額」はいくら?

(※) 失業保険=雇用保険です。

 

「失業保険 給付 金額」について

 

◆ 失業保険の給付金額ですが、ここでは、いわゆる基本手当について見ていきます。失業保険の基本手当は、その人がそれまで働いていたときの賃金日額によって決まります。賃金が高かった人は高く、低かった人は低くなります。具体的には、離職前の6ヶ月間に支払われた賃金の合計を180日で割った金額です。ここでいう「賃金」には、賞与や退職金は含まれませんが、残業代などは含まれます。

 

◆ 上記で出てきた賃金日額に給付率を掛けると、それが基本手当日額となります。給付率には、45%〜80%という幅があります。

 

◆ これまでのことをまとめると、下記のような計算式になります。

 

賃金日額 × 給付率 = 基本手当日額

 

◆ さて、基本手当日額には、あらかじめ最低額と最高額が決められています。最高額が決められているというのは、たとえば、ものすごい収入の人がいて、計算すると、基本手当日額が5万円や10万円になるような場合、そういう人は、それまでの給料がよかったのだから、べつに失業保険の給付を受けなくても生活できるでしょ?・・・という考え方に基づいています(平たく言うと)。

 

◆ 最後に、上記で出てきた基本手当日額を何日間もらえるのか、つまり、給付日数は何日あるのか、という点について。

 

給付日数 トータルで90日〜360日
※ 給付日数は、失業保険の被保険者であった期間、離職の理由、年齢などにより決められます。たとえば、会社の倒産による解雇によってやむを得ず職を離れた人の場合、「特定受給資格者」と見なされるのが普通で、この場合には、その他一般の離職者に比べて、給付日数が多くなる傾向にあります。

 

 

(「 失業保険 給付 金額 」の記事 終わり )