失業保険は「所得税」の確定申告が必要ですか?

失業保険は「所得税」の確定申告が必要ですか?

(※) 失業保険=雇用保険です。

 

失業保険 所得税 確定申告

 

◆ 失業保険を受給している人は、現在、会社を辞めているわけなので、通常なら会社の年末調整で済ませていたところを、自分で確定申告する必要があります。

 

しかし、失業保険から受け取っている失業給付金は、所得税法上は非課税扱いなので、確定申告の際に、「所得」として申告する必要はありません。

 

 

◆ ところで、失業中に確定申告した場合、ほとんどのケースで、税金が戻ってきます(還付金)。

 

というのも、会社員の時には、源泉徴収として給料から天引きされていて、年末に、年末調整をして、修正をしていたはずですが、あの源泉徴収とは、収入の見込額に基づいて天引きされる額が決定されていたのです。

 

しかし、失業した人は、そこで収入がなくなったわけですから、見込額を下回る収入であることは当然であり、したがって、年度末に確定申告を行えば、ほとんどの人が還付金を受け取れるのです(つまり、税金を払いすぎていたことになるわけです)。

 

ただし、他に収入がある場合には、この限りではありませんが。

 

 

(「 失業保険 所得税 確定申告 」の記事 終わり )