失業保険の手続き:「転居」した場合

失業保険の手続き:「転居」した場合

(※) 失業保険=雇用保険です。

 

「失業保険 手続き 転居」について

 

◆ 会社を退職して、すぐに転居した場合、失業保険の手続きはどうしたらいいでしょう?

 

 

◆ まず、退職時に会社から受け取るべき書類として、「雇用保険(失業保険)被保険者証」と「離職票」があります。

 

この2つは、ハローワークに提出する大切な書類です。

 

しかし、「離職票」の方は、退職したその日に発行する書類ではなく、「被保険者でなくなった日の翌日から起算して10日以内」に会社から交付されるものです。

 

したがって、退職してすぐに転居した場合は、あらかじめ会社に転居先の住所を伝えておき、「離職票」をそこへ郵送してもらう必要があります。

 

 

※ なお、上記期間を過ぎても、会社が「離職票」を交付してくれない場合は、直接会社に問い合わせを入れるといいでしょう。

 

それでも交付してくれない場合は、ハローワークに相談し、ハローワークから会社に催促してもらうこともできます。

 

 

◆ 「離職票」が手元に届けば、これで「雇用保険(失業保険)被保険者証」と「離職票」の2つがそろうことになるので、転居先を管轄しているハローワークに出向き、求職の申込み、失業給付の申請を行います。

 

 

(「 失業保険 手続き 転居 」の記事 終わり )